木のウルトラマニアッククイズ その51 このパーティクルのかたまりは?

 古くからの知人が持ってきた製品の表面と断面です。パーティクルのかたまりですが、これが何だか分かりますかねぇ。
 普通のパーティクルボード屋さんなら、いったい何じゃこれはと思うでしょうね・・・。


画像


画像

この記事へのコメント

htsuji
2017年05月18日 04:15
全くの白旗ですが、これは何を材料にしたパーティクルボードでしょうか?
管理人
2017年05月21日 21:45
もう忘れてしまいましたけど、シンガポールの都市廃棄物から作ったボードだったと思います。ボードと言うよりは単なるパーティクルを固めただけの塊ですね。誰かの紹介で持ち込まれてきたんですけど、日本じゃちょっとね。
htsuji
2017年05月27日 00:11
なるほど・・・ おそらく、都市のゴミを破砕したあと、遠心分離機にかけ、特定の比重の範囲にあるものを固めたのでしょうね。ご存知とは思いますが、日本のような「パラノイヤ的」とさえいわれる分別をしている国は珍しく、プラスチックは比重が1.0くらいはありますから、ボロ紙と木質程度くらいの軽さのものは、そこそこの精度で分離できます。似たようなものを、輸入コンテナを載せるパレットで見た記憶もあります。ボードというよりおおきなレンガサイズの塊。案外、国際的には普及しているのかも。そう言えば私は、石膏ボードらしき白い粉がたっぷり混入したパーティクルボードを見たことがあります。それは15ミリ厚くらいのボードで、やっぱり梱包材でした。一瞬、木毛セメントかと思ったほどでしたが、パーティクルボードっぽかったです。
htsuji
2017年05月27日 01:10
ああ、でも、このパーティクルボード(パーティクルブロック?)は、層ごとに粒度をちゃんと変えてありますね。表層と内部のヤング係数とか接着剤の配合比などは、きちんんと実験して設計してありそうです。
管理人
2017年06月11日 21:04
すみません。あまりに昔のことなので、思い出せません。
カタログももらったはずですが、出てきません。
サンプルもどこかへいってしまいました。