樹・土・木・杜・建築(キトキトケンチク)よもやま噺

アクセスカウンタ

zoom RSS この耐震補強の差は何か・

<<   作成日時 : 2012/06/30 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 久しぶりの地下鉄耐震補強工事ネタです。
 ここは見ての通り、都営浅草線の大門の駅ですが、よく分らないのは、一つの駅の中に何故2種類の耐震補強が施されているのかということですね。
 どちらの方が、強度が高いのか、施工が楽なのか、安いのかといったことも気になりますが、やはり、混在しているのが何故なのかということが最も気になります。
 壊れるときは上から天井が落ちてくるのではなくて、コンクリートの壁のせん断破壊ですかね・・・。
 先日、鉄筋コンクリートの寿命が50年だなんてTVで言っていましたが、それなら地下鉄は大変危険だと言うことになりはしませんかねぇ。銀座線なんて、50年どころの歴史ではありませんからね。

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
この耐震補強の差は何か・ 樹・土・木・杜・建築(キトキトケンチク)よもやま噺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる