テーマ:広葉樹

これってマロニエですよね・・

 某駅の駅前広場にある街路樹ですけど、これまで全然気がつきませんでしたが、葉の形から見て、これってマロニエですよね。つくばの植物園の入り口にもありましたが、こんなところで見かけると、違和感があるなぁ。何でこんなモノを植えたんだろう。 意図が不明で、疑問です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストーブの薪にでもするのかなぁ

 某工場のそばに積んでありました。ここまで短くするのには何か理由があると思いますが、これってストーブの薪にでもするんでしょうかね。  それにしても、いかにも重そうで、硬そうですね。割るのが大変だなぁ。これをチップにしたりするだけでえらくエネルギーが必要になるわけですからね。  こんな役に立たない雑木が勝手に生えてくるんだから、ここら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご苦労様でしたなんですけど・・・

 確かに、これを作るのには、大変な苦労があったと思うんですが・・・。圧縮木材の矢が刺さったハートのようにそれなりのトリックがあると面白いんですが・・・。やっぱり芸術性が無いと心には残らない・・・。  トリッキーなだけでは・・・・。  どうもお疲れ様でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりタブノキはわかりにくい

 このブログを始めた7年前に比べれば、樹木の同定能力はずいぶん高くなったと思いますが、難しいモノはやっぱり難しいですね。  これなんか、マテバシイですと言われれば、ああそうですかと納得するでしょうね。  それにしても、これだけあちらこちらで育っているのに、タブノキやマテバシイが木材として利用されているのを見たことが無いですな。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この季節に小さな白い花をつけているので

 エゴノキでしょうね・・・なんてことが言えるのですが、花が無きゃ、何だかちっともわからんでしょうね。何と言っても似たような葉っぱの樹がたくさんありますからね。  名前は実が「えぐい」から来ているんだそうですけど。花は可憐ですなぁ。  ★某会合のあとで某社長がなんだか怒っていましたが、なんで怒っているのかその理由が理解出来ないので対処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木製ボールペン・・

 Nさんからもらった木製ボールペンなんですが、樹種は何でしょうかねぇ。野球のバットに似ているので、アオダモですかねぇ。  せめて、それくらいのことがわかる説明書きがほしかったですね。  焼き印されている英語に関しては、あまり追求しないでください。  う~ん。  ★3月に入ってから筑波では杉花粉の大量飛散が続いていますが、今年も例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹皮を見て樹種を判断するしかないのですが

 ケヤキなんかは落葉した状態でも、樹形から簡単に同定できますが、こんな形だと樹皮しか判断材料がない・・。  これなんか、樹皮でコナラと分るんですが、そうでない場合は・・・。  プロの人たちは・・。  林地残材ならどうでもいいんでしょうが、街路樹の剪定なら樹種が・・。  やっぱり、粉砕するときには含水率が効くんでしょうね。含水率の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな極相林の樹木はどうやって死ぬのか

 大阪の某天皇陵です。環濠の中に「ひょっこりひょうたん島」のような形で、林が形成されています。当然、一般人はこの中には入れないので、いわばまったくの原始林が形成されているとも言えます。  この林は、生態学で言うところの極相林ですから、本来ならばこの地域は全部このような林で覆われているはずです。  さて、私が知りたいのは、このような状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この前の豪雨で樹木もろとも流されたんでしょうけど

 応急的にだいぶ片付けたんでしょうけど、最終的にはどう言う形で修復するのか。  まあ、それにしても、こんなところが崩れるとは、全く想像しなかったですねぇ。  近所のバイパスのトンネルが水につかっている光景はテレビでも放映されていましたが、こんな地滑りは放映されていませんでしたから、全然知りませんでした。  そういえば、30年前にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木のウルトラマニアッククイズ その125 これは何

 知っていれば、別にどうと言うことのないものなんですが、見たことがなければ、「う~ん」でしょうね。ヒントは木目の方向と色かなぁ。  ★Doc Watson死去のニュースはMoon Shiner誌の最新号にも出ていました。  銅像に"Just one of the people"なんてね。いいフレーズだなぁ。今度なんかあったら使ってみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長年の疑問シリーズ その29 空き住宅地の謎の樹木・・

 つくばでは、住宅地の空き地に、このような樹木が植えられているのを見ることがあります。よく調べるわけにも行かないので、何の木かも分りませんが、これって一体何のまじないなんでしょうかね。地元の人間なら意味が分るんでしょうが・・・。  ウツギが境界線に植えられているのはそれなりに意味が分るのですが・・・。  う~ん。 長年の疑問です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バクチノキなんて,それにしても上手く名付けたもんですな・・

 これはセイヨウバクチノキですが、確かに、身ぐるみ剥がされる感じですね。ごっそり持って行かれるというか・・。それにしても、どういう意図があってこんな樹皮になっているのやら。何か合理的な意味があるはずなんですが、よく分りませんねぇ。  逆に、サルスベリはなんであんなにつるつるの樹皮なんでしょうかねぇ。遺伝子なんかをいじくっているとこんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単に国産の広葉樹を使えるようにするなんて言いま・・

 木地屋さんに色々やってもらうとキレイですけどね。問題はここまで枯らすのにどれくらいの時間がかかるのかということですね。くるいたい放題、くるわせてあげて、それをまた挽いてとなると、歩留まりがどれくらい低くなるのか。簡単にフローリングになんて言いますけど、そんなことが簡単にできて商売になるのなら、とっくの昔に誰かが大もうけし・・。  ★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広葉樹でこんなものを建てるのも維持するのも大変難しいでしょうね・・・

 あまり、端正なたたずまいとは思えませんが、都内某庭園の東屋です。ここで酒を飲むんだそうですが、何だか・・。  こんな丸太を集めてくるのも、割れないように乾燥というか、枯らしておくのも、不整な断面を加工するのも、なかなか難しいのではないかと思います。時間の経過とともにくるいが出てくるでしょうしねぇ。樹皮はどう処理しているんでしょうかね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

典型的な里山風景ではあるんですが・・・

 水田用のため池があって、竹林があって、広葉樹があって・・・、まあ典型的な関西の里山風景ではあるんですが、このあたりで住民の生活に深く関わっていた何かがあったとは思えません。  この山を何に使っていたんだろう・・・記憶にありません。単に土地を遊ばせていただけのような・・。結局、周りは全部住宅地になってしまいました。  ★デジモノオヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

某原木市場ですが、全然樹種が分りませんね

 いつのまにか偉くなってしまった流通のAさんは、去年会ったときに、最近こういうのに凝っているんだとか言っていました。こういう広葉樹は見慣れていないので、丸太を見せられても全然樹種が分りませんね。  スギだけでなくて、こういう広葉樹を何とかして・・・。  それにしても、比重が高いと言うことはそれだけ狂いやすいわけですからね。一体何に使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが一体何に使えるのか・・・、ちょっと思いつかない

 某ショップで、山盛り一枚百円で売っていました。まあ、焼いてしまうことを考えたら、誰かにどこかで使ってもらう方がありがたいんでしょうが、それにしても一体何に使えばいいんでしょうか。色々考えたんですが、全然思いつかないんですよね。  こういう端材は曲がっているとホントにどうしようもない・・・。  全く大きなお世話の話で、失礼しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は道端で咲いていたので、確実にミズキだと分かりました・・

 昨日はミスしましたが、今日は作業道の道ばたで咲いていたので、確実に分かりました。やっぱり近くで見ないと素人には分かりませんね。ちなみに、昨日の場所からは50キロほど北なんですけどね。  つくば実験植物園でも中央広場から水生植物の方に入っていくところに、植えられています。ノリウツギは水性植物を抜けたところですね。  それにしても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この季節にこんな感じでこんな白い花が咲いていると・・

 当てずっぽうで、「ノリウツギ」なんて言ってしまうんですが、この場合は近くに行けたので・・・、正解でした・・・と思っていたのですが、オリジナルの写真を拡大してみると、ミズキでしたね。花が咲いていなくて、葉っぱだけじゃぁ全然分かりませんからね。まあ、素人ですから間違っても当然ですわね。  それにしてもこの山道にはあちこちに落石注意の警告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり広葉樹の方が進化していると言うことでしょう

 こういう状況の中であっても、針葉樹であるスギはまっすぐにしか生きられないわけです。それに対して広葉樹は環境に適応しやすいというか・・、フレキシビリティがありますね。  人間にとってどちらが使いやすいかなんてことは、樹にとっては知ったことじゃありませんからね。  ★ S先生の講演をお聞きするのは久しぶりでしたが、確かに敗戦時の日本人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬になるとよくテレビの中継に出てくる場所ですけど・・・

 (元気が出ないので、震災関係のネタはやめています)  なんでまた、こんなに「ウバメガシ」だらけにしてしまったんでしょうか。次の通りまで、いわゆる1ブロック全部こんな感じですからね。もちろん道沿いだけで、内部はそんなことないんですがね。  古い町だけに、何か歴史的ないわれでもあるんでしょうか。不思議です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

古墳の森は、まさに天然林であり極相林なので・・・・

 明治以降、基本的に天皇陵などには人が入れませんし、大規模な前方後円墳などには堀があって、当然のことながら、中央のいわば島になっている部分には入れません。ということは、ここのような天皇陵に形成されている森林は天然林であり、遷移の果てである極相林だということになります。  写真から連想されるように、全く人の手が入らなければ、このあたりは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この建物の奥にある伝統工芸の博物館で・・

 塗り物のろくろの実演をしていると聞いたので、見学に行ったのですが、あまりに面白くて1時間以上、見続けてしまいました。担当の方、ごめんなさいね。ろくろの実演をしていた職人さんの次のような言葉が最も印象に残りました。  「木材を見せられたら、手触りだけで樹種が分かるんですが、樹の葉っぱを見せられても、全然分からないんですよ」  まあ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

某県某市の見事なスダジイなんですが、このつっかい棒がなければ・・

 実に素晴らしいですなぁ。葉があまり金色っぽくないんですが、地理的に考えるとどう見てもスダジイだと思います。ただ、つくばあたりのそれと違って、株立ちといっても良いような生長ですね。まあ、ここまで大きくなるまでには、いろいろあったんでしょうが、それにしても、このつっかい棒がなければ、こんなにうまく育たなかったでしょうからねぇ。  なんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木同定シリーズ:よく間違えるのがタブノキでありまして

 すっかり忘れていましたが、その昔、O先生が、「この樹に触っちゃイカンよ、タブーだから」なんてくだらないことを言ってました。  しょうもないダジャレはともかくとして、タブノキのイメージとして私の頭の中にあるのが、1枚目の写真でありまして、これが2枚目の写真のように葉が大きくなってくると、マテバシイかな・・・なんて思うわけであります。何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月初めといえば、何と言ってもキンモクセイの花でありまして・・・

 例年つくばでは10月になるとキンモクセイの花が香りはじめます。今年も始まりましたが、年ごとに香が強くなってきているように思います。  よく分かりませんが、街の中に樹がそれだけたくさん育ってきているということでしょうか。  今日、TXの北千住の駅で車両のドアが開いたトタンに香が流れ込んできました。あの駅の近辺に、そんな樹があったかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more