テーマ:背割り

ここまで開きますか

 丸棒加工したスギの背割りがここまで開きますからね。  動きがもう止まっているかもしれませんが、それにしても足元がここまで開くとは予想していなかったんでしょうね。  もちろん、バキバキに木が割れて、醜態をさらすよりは、遙かに良いんですけど、メンテはしてほしいなぁ。  キシラデコールの色の濃いのを塗れば良いと思うんですがね。  そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾燥が上手いのか、背割りが上手いのか

 よくわかりませんけど、長持ちしそうですね。水が溜まらない感じがします。くさびの入れ方とか地覆の傾斜とか、塗料の選択もたしかに上手いですよ。ちょっとした工夫ですけどね。時間が経つとそういうちょっとしたことが効いてくるんですな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムムム、この柱に入った切り込みって・・・

 ひょっとして、例の乾燥割れ防止の・・。なかなか効果的ですな。実にすばらしい。  視覚的にどうかとか言う人がいるかもしれませんが、ボコボコに割れが入っているのに比べれば、実に良いと思いますけどね。  某県某所の東屋にて。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんてシンプルなベンチなんでしょうか

 某県某駅前のベンチですが、実にシンプルで、イイ感じであります。  背割りは入っていますけど、製品としては、昔からよく言われている「丸いものを四角にして」ですね。  余計なお世話ですが、含水率はどれくらいなんでしょうか?くるわないといいんですけど。  ★いやはや、最近の歯科技術の進歩には驚かされますね。接着技術の進歩と言ってもいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この方法ってどうなんですかねぇ

 理屈としては、背割りを、四面に分散させたということですから、大きな表面割れ防止の効果はあるんでしょうが、かといって、これ以上、割れが進まないという保証も無いわけでありまして。  どれくらいの切れ目を入れるのがいいのか、モデルをつくってきちんと検証したんでしょうかね。  トライアンドエラーでもいいんですが、どこかできちんとしたデータ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭隠して尻隠さずと言うわけではないんですが

 道路側からだけじゃなくて、わざわざ裏に回って、こんなところを見に来るのは、マニアックなオヤジくらいでしょうから、どうでもいいんでしょうが・・・。  なるほど、背割りの方向をこうするのが正解・・・。  竣工してからだいぶ経ちましたし、何と言ってもヒノキの心持ちですから、これ以上は動かないと思いますが・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大径材なら柱の背割りは必然であって

 某城の御殿です。空間構成がなかなか素晴らしいですね。  それにしても背割りがえらくきれいで・・・。  何というか、在来構法住宅用の10.5cmや12cmの心持ち柱角をプレカット加工しようとするから、背割りがじゃまになるのであって、こんな大きな柱を手刻みするのであれば、背割りがあっても全く問題がないわけです。というか、背割りをしなけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメントできない「うーん」シリーズ その203 どこまで続く

 こういう天然乾燥後の割れの進行って、どこまで続くぬかるみぞなんて感じもしますがねぇ・・。う~ん。  ★4月から超忙しくなりそうな予感が・・・。 ★Kate Wolf の Across the Great Divideの後ろで弾いているNina Gerberのリードギターを耳コピしているんですが、なんだかちょっと違うなぁ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平角材の効果的な背割り・・

 上方の古典落語に時々名前が出てくる某寺です。最後に行ってから、もう何十年も経っていて、ずいぶん、印象が変わってしまいました。入り口のところなんか、どこかの現代美術館みたいになっていました。ただ、本堂は健在で、私の好きな濡れ縁部分や階段部分も改修されてきれいになっていました。根継ぎなんかも無くなっていたので、全部取り替えたんでしょうね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more