テーマ:集成材

さてさて、この集成材は・・・・

 なぜこの部分に集成材を使っているのかイマイチ意図がわからないんですが、それはともかくとして、芯に鉄の丸棒が入っているんでしょうかね。  まあ、どっちにしても、力強さというか、マッシブな感じがなくて、なんか弱々しいですな。  余計なお世話ですけどね。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知・、知らなかった・・・シリーズ その23 音の葉

 某所でパンフを入手したんですが、実は「音の葉グリーンカフェ」は「音の葉グリーンカフェ」ではなかったんですね。これによると「野菜倶楽部 oto no ha café」というのが正式名称みたいです。いつ頃から名前が変わったのか知りませんが、個人的にはオリジナルの方が好きですね。まあ、余計なお世話ですが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメントできない「うーん」シリーズ その220 スギの集成管柱

 某県の某地方で、この製品を作り始めた頃に比べれば、随分色合いが良くなりましたけどねぇ・・。  こんなところに、こんな形で使われるとは・・・。う~ん。  ★ここ数日、つくばでは花粉が飛びまくっておりますねぇ。連日1000個越えが続いております。一昨年の例では、月末までずっとこの状態でした。雨が降らないと、花粉休みになりませんからね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シザーストラスではなくて

 何というか、この形式は登り梁に、方杖が付いたといった方が正確なんでしょうか。  まあ、よく分りませんけど、いずれにしても、ワイヤーが邪魔だなぁ。  う~ん。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EではなくてFでした

 EW集成材なんて、おかしな表示をする集成材会社が現われたと思ったんですが・・、EWではなくてFWでした。  なるほど、会社名かぁ。  それにしても、欧州アカマツを見るたびいつも突っ込みたくなりますね。  どこが「レッドウッド」やねん。全然赤くない・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集成材と単板積層材の違いとは・・なんて

 「集成材とLVLの違いとは」とか「積層材と集成材の違いとは」・・なんて、キーワードで検索をかけてくる人がいるんですが、一体何を知りたいのかなぁ・・。元々の原材料はもちろん木材ですが、エレメントは片やラミナで、片やベニヤですよね。  集成材はエレメントを積層接着するか幅はぎ接着するかですが、LVLは積層接着だけ・・・ウンヌンカンヌン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメントできない「うーん」シリーズ その203 やりすぎ

 なんだか大断面木造建築黎明期のそれを見ているような気がしてねぇ・・。う~ん。  ★カラマツの産地別特性に関してKさんから話を聞きました。さすがにプロのいうことは違うなぁ。歴史を知っている人とそうでない人との差というのはこんなところに現れるんですなぁ。  ★申し訳ありませんが、歴史の重みって言うのはすごいもんで、ビルディングでもスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木のウルトラマニアッククイズ その115 どこに使われていた集成材?

 これは相当マニアックですが、知る人ぞ知る有名な集成材ですね。一時期、集成材の耐久性を示す例として話題になりました。接着剤はユリアで、使用期間は確か25,6年だったように思います。  ヒントはツガ、九州新幹線。  ★一部分はリユースされたと聞きましたが、その後どうなったかは聞いていません。あのあたりに詳しい○○所長なら知っているかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知・、知らなかった・・・シリーズ その15 二酸化炭素が固定される・・・

 ラベルの下の方に書いてありますが、このヒノキ集成材は二酸化炭素を約700kg/立方メートル固定しているそうです。こういう表示がアリなのか・・。チョビリンさんの話では、余計な表示はしちゃぁイカンと言うことだったのに、だから・・・・・・・・・・・・、う~ん。  知・、知らなかった。  ★締め切りが迫ってきているのに、仕事をしないで現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木造の掃海艇が無くなるのは日本の木材加工技術の一大損失か・・

 某所を通過しているときに思いついたネタです。  何年前だったか忘れてしまいましたが、日本で木造の掃海艇が造られなくなるというニュースが話題になったことがありました。これは大変残念だったですね。なにしろ日本の掃海艇の集成加工技術は歴史的にも最高峰だと聞いていましたから。  確か、日立造船でしたかねぇ・・・。  まあ、ベイマツのピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平城京跡シリーズ6 新しい集成材構造デザインか・・

 まほろば館という開放型のステージなんですが、部材がスギの通直集成材なんですなぁ。いやはや実に素晴らしい。何かそれらしき「形」があるのかも知れませんが、通直集成材を使った新しい構造表現と言ってもイッテモいいでしょうね。  かなり安くできたのでは・・・。  例によって余計な感想というか、大きなお世話であります。  ★この2日間の間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年に1度はここへ行くんですが・・、何回見ても素晴らしい某展示館の階段の手すり

 ネタとしては2回目かもしれませんが、何回見ても、この手すりの3次元積層技術は素晴らしいですなぁ。出来たのはもう30年くらい前だと思いますが・・・、それにしても、どこの木材会社が作ったんでしょうかね・・・。  拍手拍手、パチパチパチ。  これを撮っているとき、某女史から「またまたおかしな物を撮ってるね」といわれてしまいました。まあ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集成材 積層材 違い

大変申し訳ありませんが、このネタは撤去します。 2010年10月追加情報 一番まともな解説は、これ: http://imasarahitoni.blog101.fc2.com/blog-entry-66.html かなぁ・・・。 ★★インデックスページ(トップページ)に戻るには、一番上のブログタイトルをクリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も例のカレンダーが届きました・・・

 有り難いことに、毎年、知り合いの○○屋さんが送ってきてくれるんですが、そろそろ飽きてきたというか、出尽くしたというか・・・。もうちょっと、違うパターンを考えてはどうかなと思うんですが・・・。  まぁ、余計なお世話ですな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確かに欠点を回避できますねぇ、集成部材を利用したログハウス

 このシステムが日本に入ってきてからもうだいぶ経ったように思います。  JAS規格でいう集成材ではないかもしれませんが、確かに乾燥した材を接着しておけば、ログハウスの欠点である、沈み込みをかなり回避できますねぇ。  ここに一泊しましたが、全く普通の居住環境でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここまで集成材が使われるようになってきたのに、こういう使い方がなくならないのは、一体誰が・・・

 これは4年前の写真ですが、今はどうなっているんでしょうかね。また見に行かなくては・・。どうして、造作用と構造用の区別をしないんでしょうかね。  それにしても、素人にでも分かるように、すべての木質材料には、屋外使用可能とか、屋外使用不可といった表示マークを貼るべきですね。  割れが入ろうが、みっともなくなろうが、人の命に関わらないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

某県某所の街路灯ですが、これって、接着不良じゃなくて・・・

 川沿いの道に沿って、集成材を使った街路灯がかなりの数並んでいます。いずれも同じ部分ではく離しているように見えたんですが、何のことはない、2枚の集成材を両側からボルト締めしてあったんですね。よかったよかった。  どうも最近こういう製品を見ると、「げげげ!接着不良だ」と思いこんでしまって・・・・、それにしてもねぇ・・・、ある種の職業病み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木のウルトラマニアッククイズ その55 これはどこの物件?

 ある意味、有名といえば有名なんですが・・・。  以下は独断オヤジのテキトーな推測です。もちろん、これといった根拠はありません。  意匠系の人の感想:「素、素晴らしい・・・。」  構造系の人の感想:「なんじゃい、この集成材は・・・。」  木材系の人の感想:「金のかかった屋外暴露試験ですなぁ・・・。」  ヒントは:参道です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more