テーマ:集成材

なかなか素晴らしい集成材木橋

 某公園内に架けられた集成材の木橋です。  湾曲集成材の桁が4本ですかね。  問題があるとすれば手すりとか地覆の方でしょうね。  もしこれをCLTで作るとすると、かなり安くできるような気がするんですがね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この前の商店建築ですが

 開口部のまぐさがこんな感じになっていました。なるほどねぇ。こんな感じで集成材を使うのもアリなんですな。  ところで、今日もO建設に就職したK君に現場の近くで会いました。相も変わらず、北の湖のような体型でした。  O建設はなかなか景気が良いみたいですよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所で見かけましたけど

 何だかこの頃は、商店建築もこんな感じになっておるんですなぁ。  中大断面集成材が入手しやすくなって、こんなことが簡単にできるようになった訳です。  一昔前は、ずいぶん危ないことをやっていたような気がするなぁ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今どき、いくら何でも、かすがいはなしでしょ

 良い仕事してませんね。今どきこんな所をかすがいでやっつけるなんて、時代錯誤も甚だしいのではないかと・・・。  何のために、中断面の構造用集成材、それもレゾを使ったものを使っているのか分かりませんな。  余計なお世話でありますが、まあ、それなりの監理だったんでしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かしいというか、S社の

 完全にマニアネタです。これはその昔よくお目にかかったS社の構造用集成材ですね。樹種とフィンガーとラミナ厚から、それがわかりますね。今は距離的に離れてしまったので、あまりお目にかからなくなりましたけどね。あと20年も経ったら、レジェンドになるかなぁ。その頃まで、生きているかどうかが問題ですけどね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この格天井は何回見ても素晴らしい

耐火検証法で、ホントにがんばりましたよね。 良い写真が撮れないかと色々ウロウロしてがんばったんですが、結局不審者扱いになってしまいました。 それにしても一階広場でやっていたコンサートは、どこにでもある路上ライブみたいな感じでした。 どれもこれも、なんであんなにギターが下手なのかなぁ。 というか、ストロークで、ジャカジャカやってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

某国道わきで見かけた集成材構造

 某県に行くときにいつも立ち寄ってソフトクリームを買う店の横にこんな工事中の建物がありました。  道の駅のような建物だと思いますが、ちょっと柱が太すぎますね。  耐火がらみなのかなぁ。  いずれにしてもじつに結構な物件であります。  なんで、こっち方面のネタが続いているんだとお考えの方があるかもしれませんが、これはたまたまです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが集成材かどうかと言うことなんですが

 置いてけ堀の話はともかくとして、もちろん幅はぎ接着してあれば集成材と言うことになる訳なんですが、柾目板をそういう意図を持って接着しているかどうかはよく分かりませんからね。  いずれにしても、これでどれくらいもつんでしょうかね。  まさに、置いてけぼりというか、ほったらかしになる感じがするんですが。  余計なお世話ですけどね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次回はこれをネタにしようと思っているんですが

見ての通りの、スギ集成材なんですけど、次回のネタはこれにしようと思っております。 構造用と造作用は何が違うのかと言ったところですね。それとスギの源平の話を入れ込んでといったところですかね。 まあ、それにしても、ネタが尽きかけてきましたね。まあ、歴史物でも突っ込みますかね。 かつて歴史物をやったとき、MK工業のN社長が褒めてくれまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妻側がこんな感じになってきました

 例の工事中の物件ですが、玄関の妻側がこんな風になって参りました。  かなり、木の色合いが出ています。  といっても、直射日光が当たりますから、結構退色が早いのではないかと思います。  まあ、それはそれで、経年変化ですから、問題は無い・・・・。  ★常磐線が上野を通り越して品川まで行くことになるわけですから、つくば土浦方面も一気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうちょっとスッキリしてほ・・・

 まあ、普通の観光客はこんな裏にまで来ないでしょうから、かまわないんでしょうけど、もうちょっとスッキリした収まりにならなかったのかなぁ。  どうもこの物件は全般的に接合が下手というか、あちこちに見ぐるしい部分がありますね。とはいえ所詮、余計なお世話であります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面倒くさそう

余計なお世話ですけど、加工が面倒くさそうですね。金物も面倒くさそう。かといって、すばらしいという感じもないので・・。観光客のつぶやきでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキの構造用集成材

 こんなところで、ヒノキの構造用集成材を作っているというのは、ある意味すごいことではあります。ホントに造作用と同じラインですが、手間暇がかかって、大変ですな。今、使っているのはS林業がメインなのかなぁ。  ★今年もそろそろ秋の交通安全週間が近づいてきましたね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あのう・・、別に、ごく普通のビルじゃありませんか

 まあ、外からはなんとなく、それらしい感じがしているんですが、廊下を見ただけじゃ、何が何だかわかりませんね。ごくふつーのRCのビルですからね。気になるのは音ですけど、何だか分厚い床になっていて、特に違和感はありませんでした。  いやはや、わざわざ、高い電車賃使って、こんなところまで出かけてきたんですけどねぇ。もうちょっと、面白いネタが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こぶ病みたいなオブジェですな

 集成材を使ったオブジェではあるんですけど、どう見ても、ボールではなくて、こぶ病みたいに見える・・。ちょっともの悲しくなってしまうのですよ。  何というか、ここのホールは夏なのにちょっと寒々しいんですよ。木質内装化の工事をすれば、ちょっとは、印象がよくなるんじゃないでしょうか。少子高齢化とは恐ろしいもので、こんなところにまで影響が出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグの試合をやっていました

 駅で出会ったTさんと一緒にこの物件を見に行ったんですが、なんだか人が多いなぁと思っていたら、バレーボールの試合をやっていました。  なかなか華やかな感じで、これはこれで結構でございましたが、ここの集成材、外部は雨ざらし状態ですけど、大丈夫なんでしょうかね。  通りすがりの旅人の余計なお世話ネタでした。  このごろ、Googleか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スリーヒンジの集成材構造ではあるんですが

 実はちょっと凝った構造になっていまして、一本一本の集成材の大きさが違うんですねぇ。遠近法的に深さが感じられるようになっているわけであります。  これも古い写真でありまして、昔はよくネタに使っていたんですが、さすがにこの頃は使わなくなりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんな昔のことはもはや

 ★すみません。この写真は撤去します。  H女史にこの写真の頃の苦労話を聞きたいんですけど、なんて言われたんですが、そんな昔のことは私より一世代上の人しかわかりませんよ、と答えると、あっ、やっぱりなんて言ってました。  あなたの元の職場のKさんなら確か知っているはずだよなんて付け加えると、またまたあっ、やっぱりなんて言ってました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野ざらし雨ざらしで置いておくと

 ベイマツの構造用大断面集成材ですが、屋外でこんな感じで置いておくと、このような惨めなことになってしまうのであります。  樹種の問題もなきにしもあらずですし、残材の利用ではあったんでしょうが、とにもかくにも、これは最悪の使い方ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積層方向は垂直がいいのか水平がいいのか

 十年ほど前だったか、土台にはラミナが水平になるように置いた方がいいのか、それとも垂直の方がいいのか、ちょっと議論になりました。  結論はどうだったのか覚えていませんが、同等級ならどっちでも同じような気がしますが、異等級なら水平積層の方がいいのかもしれません。どっちでも大して差が無いというのが結論でしたかねぇ。  こんな、ログハウス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CLT(直交集成板)は集成材より弱い

 驚くべきことに、某さんはCLT(直交集成板)は集成材より強度が高いと思っていたそうです。いやはや、絶句でした。それって、木材は異方性材料であるという基本中の基本がわかっていないと言うことですからね。  ラミナを直交させれば、曲げも引っ張りも圧縮も、集成材よりずっと軸方向の強度が落ちますよ。あたり前じゃないですか。  その代わり、軸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギの造作用集成材

 この頃、何だかあちこちでこの木目を見かけますねぇ。行く先々で使われている感じです。まあ、こんなに原木があまっているんですから、無理もありません。  気になるのはFJの配置が無造作なことですね。構造用ならこんなFJの配置はあり得ないんですが、造作用なら問題ありませんから、いいんですけど・・・。  それにしても、こんな作り方だと、原木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この角度からのドームの写真って

 よく考えてみると、建物のこちら側へは行ったことがなかったので、この角度からの写真って、全然撮っていなかったですね。円形じゃなくて卵形のドームですから、当然、建物の表情が違いますね。  それにしても、ここの集成材には全然ダメージがありませんね。さすがスギですな。素直だから、クラックが生じにくいわけでありまして。  建物として全然古び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんでこんな色にしたのかなぁ

 例によって、通りすがりに見た木質構造ですけど、デザインはシンプルでなかなか良いと思うんですがねぇ。  色が信じられないくらい地味すぎて、あまり、楽しい気分になりませんね。  アトラクションの場なんですから、カラーリングも・・・  余計なお世話でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集成材だろうがムク材だろうが

 見ておわかりのように、必要な断面の材を必要なところに使っているということです。もちろん、コストを考えての話でしょうけど、実にプラグマチックですな。  つまらないこだわりを捨てれば、もっと色々できるのになぁと思うことがあまりにも多くて・・。  「こだわり」って、どう考えても、あまり褒められたことでは無いはずなのに、いつのまにか「いい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more