このケヤキの樹皮のはく離から何が・・・

 昨年、樹皮だけの写真を集めたハンドブックが出版されたので、買い込みました。それまで葉の形しか見ていなかったのが、なるほど、樹皮だけでも結構見分けが付くもんだということがよくわかりました。ナツツバキなんか典型ですね。葉をみてもよくわからないのに、樹皮を見ればすぐにわかりますから。
 それにしても、若木、成木、老木、それぞれの写真を示すなんて、マニアック本もいいところですね。すごいなぁ・・。
 ところで以前から気になっていることですが、樹種によって樹皮のはがれていく状態がわかりにくいものと、このケヤキのようにわかりやすいものがありますが、何か必然性があるんでしょうかねぇ・・・。
 うーん、わからんなぁ。


画像

この記事へのコメント