檜皮を取ったあとでしょうけど、こうしてみると、ヒノキは赤い・・・

 ヒノキの丸太の色というと、何と言っていいのかわかりませんが、まあ、濃い茶色という感じですね。しかし、こうして外層を剥いだところを見ると、外樹皮の本来の色は真っ赤ですね。
 赤木(アカギ)と呼ばれても不思議ではないですね。つくばのアカマツよりずっと赤いですね。
 燃えるように赤いから「火の木(ヒノキ)」なんでしょうか。
 まあ、どうでもいいことなんですが、それにしてもプロは上手く剥ぎますねぇ。クマハギならぬ、ヒトハギですな。
 う~ん。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント