W君のお土産ネタ第二弾

 一見すれば、内容物がなんであるのかは理解出来るのですが、裏に「Apfelringe getrocknet」と書いてありました。英語に直すとDried apple ring ということになります。どうと言うことは無いんですが、trockenというドイツ語を思い出したので、嬉しくなりました。
 コールマンの本にtrocken baumという単語が載ってたような・・・。
 今では考えられないかもしれませんが、その昔、大学院の入学試験には第二外国語が必要だったんですよ。
 この頃ご活躍中のN女史と会うと、いつもこの昔話になります。

画像

この記事へのコメント