テーマ:看板

これが集成材かどうかと言うことなんですが

 置いてけ堀の話はともかくとして、もちろん幅はぎ接着してあれば集成材と言うことになる訳なんですが、柾目板をそういう意図を持って接着しているかどうかはよく分かりませんからね。  いずれにしても、これでどれくらいもつんでしょうかね。  まさに、置いてけぼりというか、ほったらかしになる感じがするんですが。  余計なお世話ですけどね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なかなか粋なフレーズですな

 ここは人口の割に飲み屋が多くて有名なんですが、それでもやっぱり駅前はシャッター商店街化していてわびしさが漂っているのであります。  このフレーズはなかなか面白いなぁ。南の某橋のたもとあたりでは受けそうですな。 ★何だかいつまで経っても、肩こりが治らないので、おかしいなと思っていたんですが、原因が分かりました。変な姿勢でのギターの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めちゃめちゃな英語というか・・・

 余計なお世話ですが、スズメバチってhornetじゃなかったですかね。Beeというとやっぱり、Honey beeを思い出してしまうなぁ。ミツバチマーヤというイメージかなぁ。  エビなんかも、日本語では全部エビですけど、英語だとLobster、Prawn、Shrimpなんていろいろありますからね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超強烈な無国籍お笑い看板

 一昔前、面白い看板の写真を集めて一冊の本にした写真集がありました。かなり売れていたような記憶があります。  これは、喫茶店の看板ですが、いくら大阪とは言え、かなり強烈ですよ。受けようとして、わざと、こんなことをやっているんですかねぇ。  Cakeは英語で、これは普通のケーキの意味でしょうね。  Painというのは英語では苦痛とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるほど、これはわかりやすい根継ぎですなぁ

 例の庭園の入り口にあるんですが、これはシンプルでわかりやすい根継ぎですなぁ。というよりは、控え柱による補強ということでしょうが、まあ、こんな看板のような場合は凝った継手で接ぐよりも、この方がずっと構造的に安定しますからね。  それと、掘っ立ては掘っ立てなんでしょうけど、きっと足元も工夫しているんでしょう。  いずれにしても、観光客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史を感じさせる伊勢の料亭の木製看板

 格調が高いかどうかは知りませんが、商店のファサードだけでなく、この看板にも歴史の重みが感じられますね。もちろん補修はされてきたんでしょうが、何十年間使われてきたんでしょうかね。木材の劣化の具合から判断しても・・・。こういうネタに凝っている無謀人Yさんにこの写真をあげれば良かったなぁ。忘れていました。  ★最近、個人的に空白だった80…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さて、この看板もどれくらいもちますかねぇ

 いつもの道からちょっと寄り道したときに見つけました。幅はぎされた板の接着は、よくて水性ビニルウレタン、悪ければユリアでしょうからねぇ。さて、こういう状態でどれくらいもちますかねぇ。  いいとこ、5年くらいかなぁ。  いずれにしても、これでまたあの辺りをブラブラする楽しみが増えました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more