テーマ:ヒノキ

コメントできない「うーん」シリーズ その193 某フェアで見た木取りの実大模型

 これはこういうふうに挽けるという一例であって・・・。  必要のないモノを挽いても無意味・・・。  その昔、Nさんがよく言って・・・。  ★もしブログの更新が何日間か途切れていたとしたら、それはインターネットなどとは無縁の山中で、滝に打たれている証拠だと思ってください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメントできない「うーん」シリーズ その192 JAS製材

こういう製品を見て感激するとは・・・。 某所にて。 ★久しぶりにプロフィールを変更しました。 ◎日本ではマニアックな最近のお気に入り Nanci Griffith : Across The Great Divide(和訳はやっぱり「ロッキー越えて」ということになるのかなぁ。Divideなんて”割る:÷”しか思いつきませんからね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何だかんだ言っても、あるところにはある・・・

 特にコメントは必要ないわけでありまして・・・。何と言いましょうか・・・、まあ、あるところにはある、ないところにはない・・ということでしょうね。その昔、がっちょまんセブンがよく言ってました。  ★無謀人Yさんは最近ファサード建築に凝り出したとか言ってました。私の所からごっそり資料をコピーしていきました。中央線沿線○○の皆さん、Yさんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜皮葺とスギ皮葺きはどこが違うのか・・・

 スギの皮に比べてヒノキの皮は長さ方向の強度があるので・・・。いわゆる細長比が長いエレメントがとれるはずなので・・・。エレメント同士の接着はタンニンを利用して・・・。ボードを作って、屋根の茅葺きの替わりに・・・。  配向性の檜皮ボードかぁ・・・、なんてね。  ★:○平さんは3回も手術してペースメーカーを入れたんだそうです。色んな可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメントできない「うーん」シリーズ その149 Faded

近づいてみると、表面は想像していたとおりでしたね。余計なお世話ですが。う~ん。 ★今年も花粉の本格的飛散は3月に入ってからということになりました。いいことだか悪いことだか分かりませんが、いずれにしても早く特効薬が出来ないかなぁ。今年のクスリはエバステルにしました。どんなモンでしょうかねぇ。某県にいる同病のJちゃんは入試担当だとか言って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

某県某市で買ってきたオミヤゲなんですけど・・

 説明するまでもなく、どこへ行ってきたのかすぐに分かりますね。ただ、このお肉はちょっと上等すぎて、私の口には合いませんでした。次回はもう少し安めの所を紹介してもらわなくちゃね。残念。  それにしても、あの人工乾燥機は・・・・。あの3Dトラスも・・・。コンビなんだから・・・。  ★ホントにこの頃、こんなネタばっかりですなぁ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメントできない「うーん」シリーズ その144 平地林・・

 なぜ、こういう苗木をこういう所に植えておくのか。 木材を生産するような意図は全くないように思われるんですが・・・。地目:山林。うーん。★なんだか、このごろ寒いですなぁ。足の腫れはなんとかおさまってきたんですが、時々、予兆らしき症状が出るので、いつ爆発するのかと・・・。いやはや、ザイロリックは手放せませんね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6年前の平沢官衙の掘立柱がどうだったかというと・・

 こんな感じな訳ですね。まあ、製材品であれ丸太であれ、野ざらし状態にあると、http://kitokito.at.webry.info/200908/article_26.htmlのようになると言うことです。  こんな状況で使うのなら、やれヒノキの心材は腐りにくいとか、スギの赤身は強いとかなんとか、そんな話はどこかへ・・・。  いず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとニュース性には欠けますが、新木場駅前の木材会館・・

 電車で前を通るだけなので、あまり気にはしなかったんですが、下りて近づいてみると、こんな感じなんですなぁ。出来てしばらくの間は外装のヒノキだってキレイだと思いますが、しばらく経てば、どうなるんでしょうかね・・・。そんなときには、きっと風合いがうんたらかんたらだというんでしょうね。  余計なお世話、余計なお世話。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうヒノキの花粉も大丈夫かなと思って触ってみたんですが、見事に舞い散りました

 このごろ、スギ花粉はだいぶ少なくなってきたので、ヒノキはどうかなと思って触ってみたんですが、かなり飛び散りました。もちろん個体によっては、もう花粉が無くなってしまっているものもあったんですが、やはりもう少し続くようですね。  あともう一度強い風が吹いて、一雨来れば、もう大丈夫かなぁというところでしょうか。  まだまだ続くぞ、花粉症…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤スギ林とでも言いましょうか・・、それにしても早く花粉シーズンが終わってくれませんかねぇ

 つくば市内の某公園です。この季節にスギやヒノキの林の近くで写真を撮るような勇気はありませんが、それにしても早く花粉シーズンが終わってくれませんかねぇ。  今年は花粉を避けて海外か北海道に脱出しているようなヒマもないし・・・、とにかく我慢しかないですなぁ。  朝から、くしゃみが続いております。 どうでもいいんですが、INDEX…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木のウルトラマニアッククイズ その68 どれくらいの距離?

 さて、この大きなヒノキの斗組が加工されてここに置かれるまで、およそどれくらいの距離を、運ばれてきたのでしょうか?   ちょっと、日本語がおかしいかなぁ。  難問です。ヒントは、トラ・・。  たまには赤っぽい写真もないとね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

構造全体から違和感が漂っております・・・

人間の感覚とは不思議なもので、何がおかしいのか分析できなくても、妙な違和感を感じてしまうんですね。この場合は光でしょうか。 ホントに何がおかしいのか・・・・・。 ところで、今日、文○○通信が手元に届きましたけど、マニアックな話題が満載で、大変面白いですなぁ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こういう使い方なら何の問題もないんですが・・、某県の某温泉の足湯

 このところ、温泉やら室内プールやらでのトラブルの話が、ちょいちょい聞こえてきたりするんですが、きっと基本的な設計の考え方がおかしいんでしょうね。ときどき、これはちょっと・・と思われる例を見かけますからね。  これは某県の某温泉でみた足湯ですが、同じ温泉でもこんな使い方なら何の問題もないんでしょうが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木のウルトラマニアッククイズ その53 さて、どこの現場でしょうか?

 これは、だいぶ前の写真ですが・・・、ノーヒントでも十分でしょうね。  ところで・・・、ある美女から「あのクイズってちっとも分からないんですけど・・・・」と言われてしまいました。  マニアクイズですから、分からなくても何の支障もありません。  また、知っている、あるいは、分かったからと言って何の自慢にもなりません。  正解編第2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメントできない「うーん」シリーズ その51 ヒノキの割り箸

去年出来た南河内の「道の駅」で売っていました。天削(てんそげ)っていう種類ですが、50本で350円ですからね・・・・・。  話は変わりますが、ようやくアクセスが10万を超えました。  全アクセス数が100061、表紙が21361、表紙・月別・テーマが39061、各記事が61000でした。  こんなマニアックなブログで、かつフレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末になって、また「羽曳野+華の湯」で検索をかけてこられる方が増えたので・・、・・・行って来ました

 これまで、何だかんだで行けなかったのですが、年末の休みを利用してようやく行ってまいりました。  私のようなメタボオヤジにとって、こういう便利なところにある温泉は天国ですなぁ。  温泉は1000m以上の地下から湧いているそうですが、1分間に4百数十リットルだそうですから、掛け流しでも、全然問題ないでしょうね。水質はいかにも皮膚系に効…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コメントできない「うーん」シリーズ その39 大径ヒノキ

 ヒノキ、ひのき、桧、檜、ヒノキ、ひのき、桧、檜、ヒノキ、ひのき、桧、檜、ヒノキ、ひのき、桧、檜、ヒノキ、ひのき、桧、檜、ヒノキ、ひのき、桧、檜、・・・・・・・・・・・・ 大変申し訳ありませんが、諸般の事情により写真を削除しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の答えが分かりました、化粧校木倉と呼ぶそうです

 清水真一著「校倉」日本の美術419至文堂2001年4月という本を調べてみると、答えが見つかりました。化粧校木倉と呼ぶそうです。一覧表に鑁阿寺(ばんなじ)の宝庫も出ていました。  本文を引用すると「断面略三角形の校木を壁体に使用することは校倉と同様だが、校木の使用方法は側柱間に落とし込んだり、柱の外面に長押と同様に隅を留めの仕口で回し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだ、花粉発生のこんな凶器がアチコチに残っておりまして・・

 10年くらい前から、スギだけでなくて、ヒノキの花粉にも反応するようになってしまいました。今年のスギ花粉はほとんど終わった感じなんですが、ヒノキはまだまだ残ってますね。  近くの旧図書館情報大学の西側や北側なんか、ヒノキだらけですからね・・・。伐って、花粉のでない他の樹種に植え替えてくれないかなぁ・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の続きで羽曳野の「華の湯」ネタです。何でヒノキはきれいなのか?

 よくわかりませんが、ここの温泉は、地中から湧いて出ているので「天然温泉」なんですが、カテゴリー的にはやっぱり流行のスーパー銭湯なんでしょうね・・・。ちなみに、オープンの日にちは古い情報なので正確なところはわかりません。  それにしてもヒノキの白木は何でこんなにきれいなんでしょうかねぇ・・。もちろん心材もピンクがっかたものはきれいだし…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more