テーマ:

この構造は三層の層塔型でしたね

 小貝川と鬼怒川の間にあるわけですから、当然、昔から何度も水害にあってたでしょうね。  やたら道路の・・・。  それにしてもこのデザインは・・・。  余計なお世話であります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あまりにもオッサン的なので

 またまた大阪で何やってんだと言われそうですが・・・。  名前がなんとアベノベアだというから、驚きました。あまりにも大阪のオッサン的というか、ひねりも何にも無いネーミングなので、気に入りました。それに流し目が何ともまぁ、ディープサウスインオーサカの香りがぷんぷんしてますなぁ。 UFOキャッチャーに並べられることにはならないでしょうが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり、この塔はすごい

 今さら説明するまでもないほど有名な国宝の五重塔ですが、実際に見てみると、やっぱりすばらしいですね。オーラが出ておりますよ。  樹種はやっぱりスギですかね。強度的に無理かなぁ。  赤白が目立たないので、ヒバ・・。  地理的に見て、近所にヒノキはなかったでしょうからね。  某先輩の資料には出ているんでしょうけど、あれはどっかへやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなところに電柱を立てるなんて・・・

 まったく余計なお世話ですけど、こんなところに電柱を立てるのはやめた方がいいんじゃないですかね。せっかくの光景が台無しになりますからね。夜のライトアップはどうしてるのかなぁ。  それはそれとして、久しぶりの五重塔ネタですけど、塔としてはなかなかいいバランスですね。  去年この前を通ったときに、偶然その存在に気がついたんですが、塔のマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを高さ25メートルにして

 これは普通の軸組の集成材構造でしょうけど、もしこれを高さ25メートルくらいにして、壁をCLTでつくったら面白いんですけどね。中に入れるものはもちろん、張りぼての○○○ですよ。もちろんクレーンも必要になるでしょうね。  何と言いますか、CLTで在来軸組や集成材構造のマーケットを代替するのでは、全く意味が無いわけですから、奇想天外なアイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新築の五重塔って、流行ってきたのかなぁ

 某県某寺の新築五重塔です。何しろ、台風の接近中ですから、雨だらけできちんと写っていません。デザインとしては、各屋根の逓減率が低くてなかなかいい感じです。  勝手な想像ですが、例のワイヤーでキャンプのテントみたいに縛り付ける構法なんでしょうね。  何をしにここまで行ったのかというと、もちろん、うどんを食べに行ったのでありました。問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建てられた場所で有名な五重塔

 今回の旅行は基本的にはこれを見るのが目的でありました。ちょっとしたマニアにとっては先刻ご存じの五重塔なんで、特に説明も必要ないのですが、建っている場所が場所ですからね。  劣化外力は小さくても、本当の外力はかなり大きいでしょうから、長期荷重の累積はかなり大きいはず・・。クリープとクリープ回復の繰り返しとでもいいますかね。  まあ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右からでも左からでも木の枝が邪魔になる

 ここは、つづら折りの細い山道を登っていったところにある、ちょっとひなびた山寺ですけどね。  なかなかバランスがとれたカッコイイ三重塔なんですけど、惜しむらくは、どこから撮っても木の枝が邪魔してしまって、全体が上手く写らないんですよね。  左の梅の木も、右のサルスベリも、なくちゃならんものではないでしょうから、移植してやれば良いと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この半年間で何度京都に行ったのか覚えていませんが・・・。

 今回、京都駅を降りると、なんだかエライ事になっていました。一体、何をやっているんでしょうか?  何だかN君の本に出てくるキヌガサタケを思い出してしまいました。  以下は楽屋ネタです。それにしてもHW君は岡山の山中で何をやってるんだか・・・。今朝、TXでK先生に会いましたよ。新御徒町から乗り換えて行くのかぁ・・。乗り換えなしで・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超高層ビル:なんと高さ300mだそう・・

 東京じゃ、全然話題になっていないみたいですが、これが4月に竣工すると、当然日本一高い超高層ビルということになるわけですね。わざと横浜のランドマークタワーより少し高くしたんだと思いますが、確かに大阪ディープサウスのランドマークになりますわなぁ。  上層階から見える周りの景色はどうなんでしょうかね。高さは通天閣の3倍ですから、相当遠くま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なかなか撮影には良いアングルだと思うんですが・・

 全然知りませんでしたが、こんな角度から撮れる場所があったんですねぇ。五重塔の場所は違っていると思いますが、江戸時代もこんな感じだったんでしょうかね。  落雷なんかで塔が焼けた時って、どんな感じで燃えたんでしょうかね。というか、どこから最初に発火するんでしょうか。避雷針のない時代は怖かったでしょうね。  谷中の塔が焼けている時の写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震でゆがんだ塔の先端を修理してるんですかね

 久しぶりに都内某所まで行ったんですが、東京タワーの先端がこんな感じになっていました。一旦ゆがんだのをどうやって直しているんでしょうか。まぁ、どうでもいいんですが、興味あるなぁ。  だいぶ前の話ですけど、薬師寺の東塔も先端が一時ゆがんでましたが、アレはどうやって直したんだろう。  ★また、何か訳の分らん花粉が飛んでいますね。先週、ヘ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電車の窓からは何十回も見ていたはずなんですが・・・

 よく考えると、そばに寄ってみたことがなかったので、フラフラ駅から歩いて行きました。思っていた通り、かなり小ぶりな多宝塔でした。多宝塔についてのいつもの感想ですが、作るのはかなり難しそうですね。九輪についているのは、やはり避雷針の電線でしょうか。こんなにクビが細くても大丈夫か・・・、なんて。  よく知られているように、久米仙人というの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しく多層塔や多宝塔を建てるときに気をつけなければならないこととは・・・

 昭和の終わりに建てられたキレイな多宝塔なんですが、何が問題かというと、全景をキレイにとれる場所がないことなんですね。この写真から明らかなように、近い距離からでは組み物はとれますが、塔の全体が写真に写らないんですね。かなり離れた向こうの山にでも入って行かないと、きちんとした写真が撮れないのであります。  何しろ山ですからね。どこから撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この五重塔の外見上の大きな特徴としては軒が短いことかなぁ・・

 組み物の上にかけられた金網の影響もありますが、なんだか軒が短い感じがしますね。それと、長押も二重に重なっていて特異な感じがします。  最上層が禅宗様の扇垂木で、それ以外は繁垂木になっているところは、日光東照宮の五重塔と同じパターンですかね。  江戸初期の建立でありながら、けばけばしくないところが素晴らしいですなぁ。  端麗優雅と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

擬洋風建築の学校といえば、こういう塔がつきものでありまして。

 某新聞の茨城版に旧水海道小学校の記事が出ていました。当時の擬洋風建築の学校には、必ずといっていいほど、このような塔が付いています。デザイン的には、面白いというか、楽しそうで素晴らしいと思いますが、何のために付けたんでしょうかね。この塔って、一体どういう機能を果たしていたんでしょうか・・・、よく分かりませんね。  それに、構造としては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまたですが、なかなか美しい三重の塔

 Kさんの説明によれば、この地方で塔と言えばこれだけなんだそうです。この地方の歴史というか建築技術のレベルを考えれば、もっとたくさん残っていてもよさそうなんですが、まあ、色々あったんでしょうね。  1821年に竣工したそうですから、190年ですか・・・。神様や仏様は暑いやら寒いやら文句は言わないのであります。実は、再建される前の塔は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確かにちょっとだけ曲がってますなぁ・・・東京タワーの先端

 芝の増上寺の方から写した写真です。震災後にちょっと騒がれたように、確かに先端は曲がってますね。角度によってはもっと曲がっているのかもしれません。  素朴な疑問ですが・・・、どうやって直すんだろう・・・?  震災後、久しぶりのライトアップはキレイでした。オレンジでした。  拍手拍手。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長年の疑問シリーズ その20 RCの疑似木造って、どうやって建てるのか・・

 鉄筋コンクリート造りの社寺建築やお城をずいぶんたくさんこのブログに載せてきたんですが、よく考えてみると、この類の疑似古建築がどうやって建てられるのかが全然・・・・。とくに斗組の部分はどうやれば・・・。  多宝塔のような円筒形のものを、木材という基本的に軸である部材を組み合わせて造るのは、非常に難しいことはすぐに分かりますが、RCの場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメントできない「うーん」シリーズ その178 ねじれる石塔・・

見ての通りです。先端は吹っ飛んだんでしょうか・・・。余震が怖いなぁ。 ★GEというのはジェネラルエレクトロニクスではなくて、ゴールデン・エラ、つまり黄金時代という意味です。  D18のDはもちろんドレッドノートのDです。このネタはそのうちにまた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知らない人が見れば、この塔は何じゃと思うでしょうが、一体どれくらいの耐用年数・・

 走り行く近鉄線の電車から写した写真です。手前の木造3階建て住宅との対比がいかにも・・・。  まあ、個人的にはこの塔を見慣れているので、何とも思いませんが、全く知らない人が見たら、「これは一体なんじゃいな」と思うでしょうね。  子供の頃に展望室まで登ったような記憶がありますが、中がどうだったか全然覚えていません。  そんなことより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメントできない「うーん」シリーズ その170 五重塔のはなし・・

 建築資料研究社・・・。ま、そのうち・・、う~ん。  誰が一体・・・。  何で、こんな斜めから撮ったようなへたくそな「本の写真」をいつも載せているのかというと、自分で金を出して購入したという証拠を見せるためであります。  つまり購買者なんだから、それなりのことを言わせてもらってもいいんじゃないの、という意思表明みたいなもんですな。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なかなかカッコイイですなぁ、練馬の某寺の多宝塔

 もちろん好き嫌いがあるのですが、この多宝塔のデザインはバランスがよろしいですなぁ。円形の塔に方形の裳階が付いていると考えるんだそうですが、どう考えても、建てるのは難しそうですね。  実家のお墓のある○○山の多宝塔もかなり有名なんですが、残念ながら、デザインがちょっと私の好みではないんですなぁ。だからどうだというわけではないんですが。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比較的新しい三重塔ですが、それでも40年近く経っているわけで・・

 またもや、しつこく石神井ネタです。通りから見た道場寺の三重の塔です。いい角度から写真が撮れなくて残念ですが、それでもなかなかアトラクティブですなぁ。二重と三重の隅木がちょっと・・・。  立て看板の説明によると、スリランカから来た仏舎利が奉安されているそうですが、何でスリランカなんでしょうかね。例によって余計な・・・。  ★痛みが徐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰か浅草の凌雲閣を木造ビルで復原してくれないかなぁ・・

 浅草の凌雲閣って何のことだか分からないかも知れませんが・・・。  もちろん昔のような煉瓦造りとはいかないでしょうから、形だけの復原でいいんですけどね。高さが50メートル少々ですから、木造でなんとか出来ないかなぁ。まあ、現実に建てられなくても、木造の可能性を探るプロジェクトを作るだけでも面白いと思うんですがね。  人は住めないし、実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつも上手く撮れない当麻寺(たいまでら)のツインタワー・・

 ★そろそろ、つくばで花粉が飛び始めました。うっとうしいなぁ。  昨日の弁当ネタから分かるように、またぞろ、新幹線+近鉄線で奈良まで行ってきたわけでありますが、いつものように時間がない駆け足旅行なので、目的のワンポイント以外は前を通るだけです。  この写真の当麻寺なんか、近鉄南大阪線(吉野線)で何回も前を通ったことがあるのですが、現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大晦日ネタ」 薬師寺東塔の修理が始まっているみたいですが・・

 何だか10年近くかけて保存修理をするそうです。外からは分かりにくいでしょうが、常識的に考えて、礎石があっちこっちで不同沈下しているでしょうね。  木材が腐朽していたり、破損している箇所を近くから見たいですなぁ。高欄なんかは雨ざらしですから、当然傷んでるでしょうし、升もあちらこちらでぐずぐずになっているでしょうしね。  写真は10年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋根の大きさがほとんど逓減していないのではないか・・なんてね

 谷中の五重塔の跡地に置いてある写真ですが、こうしてみると、ほとんど屋根が逓減していないのが分かりますね。  それはともかくとして、ここには、放火されて燃えているときの写真(2枚目)とか、焼け落ちたあとの写真なんかが置いてあります。こういうのを見せつけられると、木造のアキレス腱はやっぱり火災であると痛感しますね。 単に燃え残りとか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何回見ても面白いなぁ、輪王寺の5重の塔・・・

 8月31日のネタhttp://kitokito.at.webry.info/200908/article_31.htmlの続きです。国立歴史民俗博物館の企画展示「日本建築は特異なのか-東アジアの宮殿・寺院・住宅」でも、この塔の絵図が展示されていましたが、こうしてみると、4重と5重の差がはっきりして面白いでしょ。  ・・なんて言われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さてさてオバマの明通寺の三重塔ですが、実に素晴らしいですな・・・

 バランスがいいというか均整が取れているというか、この塔は実に美しいですなぁ。  車でないとちょっとここには行けませんが、それにしても、よくまあこんなところによくこんなものが・・・と思いますね。その当時とは状況が違っていたんでしょうが。  それにしても、昨日の輪王寺の五重塔が非常にきらびやかだったのとはだいぶ違いますね。  本堂で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more